賃貸物件の価値は、経年や使用によって下がっていくのが一般的です。退去時の費用について知っておくことも大切です。

敷金、礼金なしの賃貸物件
敷金、礼金なしの賃貸物件

賃貸警衛の前に知っておきたいこと退去の際の費用負担について

賃貸物件に入居している人が退去する際には現状回復をする必要があります。この退去時の現状回復というのは、借りていた部屋を借りたときの状態に戻すことをさします。かつては、この現状回復のために入居時に支払った敷金が全額使われるケースも多く見られましたが、現在では事情が大分変わってきています。これには敷金の使い道をめぐるトラブルの多発という背景があり、国土交通省によりガイドラインが提示されたことが大きく関係しています。

このガイドラインでは、通常の使用の範囲を大きく外れた使用による破損や汚損についてはその回復については入居者が負担するとし、一方通常の使用による自然現象としての消耗を回復する費用は大家側の負担とするとしています。また、入居者の故意や過失による汚損や破損にあたるケースでも、長い期間入居していた人ほど借りていた人の負担割合は少なくなることを提示しています。これは、たとえ賃借人の過失による破損や汚損であっても、その現状回復については新品の状態に戻すことは求めないことを示すものです。経年による自然消耗を鑑みた上で、入居した時点の状態および物件の価値に戻すための費用を借りていた人が負担するということです。