家賃の不払いは賃貸経営にとって一番困る問題です。最初に提示する管理規則をしっかり決めることが大切です。

敷金、礼金なしの賃貸物件
敷金、礼金なしの賃貸物件

賃料をしっかり回収するための賢い賃貸経営

大家さんにとって一番困るのが、入居者の家賃の支払いが滞ってしまうことです。賃貸経営で困ることの代表といえば空き室とこの家賃の不払いに関する問題でしょう。空き室を埋めるために奔走する大家さんは多いですが、家賃については入居者にはっきり言えないので泣き寝入りしてしまう人もいるようです。しかし、実はこれは大家さん自身が法律をしっかり理解しておけばかなりの確率で回避できることなのです。不払いがあった場合は基本的に入居当時に受け取った敷金から賄えばいいのですが、それ以上に滞ってしまうような場合だと退居してもらうことも考えておかなければなりません。しかし、言いづらいことも多いものです。

そういう人は最初に賃貸物件に関する管理規則を決めるときに、規約書に守ってもらうべきことをしっかりと記載しておくと安心です。つまり決まり事を最初に毅然とした態度で決めておけば、マナーがあまりない入居者に対しても対抗しやすいということです。もちろん無茶な要求を記載することはかえってこちらの落ち度になってしまいますから、法律の範囲内できっちり守ってもらうということです。弱腰にならずに管理規則を盾にして賃貸経営を進めていきましょう。