賃貸物件のチラシをつくるときには、なるべく綺麗にとれた写真を使うようにすると入居率アップに繋がります。

敷金、礼金なしの賃貸物件
敷金、礼金なしの賃貸物件

写真の移りも賃貸経営に関わる

よく不動産物件のチラシが投函されているのは見ますが、写真の映りによってだいぶ印象が変わってきます。逆光で撮ったような写真では暗くてよくわかりませんし、強調したい設備以外のものが映り込んでいるものもあまりよくありません。一番いいのはプロのカメラマンに頼んで撮ってもらうことですが、自分で撮ることができれば費用の面ではそれにこしたことはありません。では、大家さん自ら賃貸部屋の写真を撮影するときには何を気をつければ良いでしょうか。写真の映りは入居率に関わってきますから、できるだけ見やすいものを採用したいですね。

まず、光には一番気をつけます。一番良いのは自然光で撮ることですが、暗いようであれば白い布などを背景にして撮っても良いです。また生活感のあるものは置かないで撮ったほうがいいです。かえって見づらくなったり、肝心の伝えたいポイントが伝わらないこともあるからです。読み手が欲しい情報は着飾ったものではなくて、本来の真の物件の姿であることを頭に置いておきましょう。実際空き室コンサルタントなどは空き家率の高い物件のチラシ写真からまず確認するそうです。それだけ第一印象というのはインパクトがあるものだということです。