古い賃貸物件では、大家さんには独自の創造性が必要です。新築物件に負けない強みをつくっておきましょう。

敷金、礼金なしの賃貸物件
敷金、礼金なしの賃貸物件

どんな賃貸物件を造り出したいのか

親から相続されたような不動産や、築何年も経った中古の賃貸物件を経営している大家さんに必要なのが創造力です。新らしいという強みがない分、中古の物件は価格競争に負けやすいものです。よほど家賃を下げないと入居者がつかないことも多く、そうなるとかえってリフォーム代金や維持費の方がかかってしまうこともあります。ではどうすれば良いのかと言えば、何か新築に負けない強みを一つでもつくることです。他にはない特徴を新たに造り出すということですね。たとえば今ではインターネットなどで賃貸を探している人がどのような要望を抱いているのかという情報も簡単に手に入りますから、それを参考して考えてみてもいいでしょう。

古いというところを弱みにしないで、それを逆転させる工夫としてはあえて入居者に自由に内装を変えてもらうようにするなどということがあります。一般的に賃貸物件というのは自分で手を加えられるものではありません。しかしどうせ大家さん自らリフォームしなければならないくらいであれば、それを入居する人が自由に改装できるという募集要項をつければいいのです。このときにかかる費用は入居者にある程度自己負担してもらえればお得にリフォーム出来る上に、入居者にとっても自分の部屋がつくれて一石二鳥です。